合併問題 ⇒支所機能の今後

2009年05月15日

支所機能の今後

朝来市の支所機能について。

現在朝来市では支所機能と本庁との役割分担が明確ではない。
多くの本庁業務とされるべき仕事が支所で行われております。

そもそも合併とは行政の効率化が目的なので支所機能とは相そぐわない部分があります。
そこで行政の立場はというと
朝来市組織編成方針に描かれています。

朝来市組織編成方針では
  • 本庁組織のあり方
      簡素で効率的な組織・機構とするため、現状の部・課を統廃合するなどの
     見直しを行い、市民に分かりやすい組織・機構となるよう再編する。
      更には地域経営の視点をもって、行政組織が戦略本部として機能を発揮し、
     地域・住民のニーズに的確に対応できるよう柔軟かつ機動的な組織編成を行
     う。
  • 支所のあり方<※添付資料1>
      将来的に、地域まちづくり(地域振興)や社会教育(生涯教育)のシンク
     タンクとしての役割を担う“まちづくりセンター”として整理する。
      また、行政の窓口機能は維持しながらも最小限に留め、地域課題解決のた
     め設置する地域自治協議会の支援機能を中心とした体制を整備する。
      まちづくりセンター機能の整備(窓口機能、生涯学習機能及び地域シン
     クタンク機能の整備)
とあります。

また添付資料には公民館と地域自治の将来のあり方として
  • 地域自治機能と生涯学習(公民館)機能
  • まちづくりセンター機能
と書かれております。

そこには地域自治協議会機能と公民館機能を包括させ
まちづくりセンターを設置するとあります。

つまり今後の支所は支所機能の窓口業務を最小限に留め
地域まちづくりと社会教育のシンクタンクとして
公民館機能に内包させるというものです。

私はこの方針を高く評価します。
私がこの問題を調べた理由が
行政の効率化を進めるためには支所機能の見直しが必要であり
本庁業務とすべき支所機能を調べ
支所機能の見直しのために本庁業務と支所機能を明確にしたかったためです。
ですから朝来市組織編成方針を高く評価するのです。

行政の効率化と支所機能の充実は相反する関係にあり
支所機能を充実させれば組織は肥大化しますし
行政の効率化を図る際には結果として小さな行政とならざるを得ないからです。
だからと言って支所が必要ない訳ではありません。
最低限の窓口業務と現在の支所機能に変わる“まちづくりセンター”という妙案があるからこそ
この組織編成方針は素晴らしいのです。
現在の支所機能を必要最低限の窓口業務に絞り
行政と地域住民とが協働で“まちづくりセンター”を運営すれば
人員削減と行政の効率化
さらには地域のまちづくりが実現できます。

これは支所機能の充実ではなく
支所機能を生かす形で行政の効率化が出来る唯一の案であると私は思います。

これから必要になってくるのは
確実に来るべく現実に最良の選択をすることです。
現実を注視しない単なる支所機能の充実では
私たちは未来にバトンを渡すことはできないと思います。

 関連サイト ・・・・・ 朝来市組織編成方針
                           添付資料

【合併問題の最新記事】
posted by mr.fahrenheit at 20:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 合併問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。