医療 ⇒新型インフルエンザ対策について

2009年05月17日

新型インフルエンザ対策について

新型インフルエンザ対策について。
 関連記事 ・・・・・ メキシコ豚インフルエンザ対策

感染経路について。
新型インフルエンザの感染は飛沫感染と接触感染です。
飛沫感染とは、くしゃみや咳などによって起こる新型インフルエンザウィルスを含んだ唾液等の飛沫によって感染するものです。
また接触感染とは、新型インフルエンザウィルスを含んだ何かを触るなどした結果によって感染するものです。
つまり両方の場合に新型インフルエンザウィルスに感染するのは、新型インフルエンザを含んだ何かが人の粘膜を通して感染します。

そこで感染を防ぐには新型インフルエンザウィルスが粘膜に接触しないようにすることが大切です。

新型インフルエンザウィルスから粘膜を守る方法として考えられるのは
マスクの着用・手洗い・うがいの励行です。
また精液を含む体液、食物(二次感染)からも感染しますので
性行為や公衆トイレの使用、飲食店の利用からも感染の可能性がありますので避けた方がいいでしょう。
つまり、食事は家で摂り、お弁当を作り、外で用を足すために予めポケットテッィシュを用意して、体液交換が行われる性行為等を避けます。

マスクについて。
マスクで感染を防げるのかは意見が分かれるところではありますが(感染を防ぐためにはゴーグルも必要になるため)
マスクの意味は感染拡大を防ぐということ、新型インフルエンザウィルス感染者が他の人に感染させないことが第一の目的です。
ただ感染を防ぐにはしないよりもしたほうがいいので必ずマスクを付けましょう。

それから重要なことは不特定多数の人が集まる所にはなるべく行かないことです。
バスや電車等の公共交通機関、温泉や公衆浴場、スーパーマーケット、飲食店、病院、図書館や市役所等です。
どうしても必要な時はマスクをつけ、帰ってきたら手洗い・うがいを行う。
特に新型インフルエンザウィルス感染者が多く訪れるであろう病院は必要がなければ行かないようにしましょう。
また状況をよく確認して日用品などの生活必需品を二、三週間買い溜めることも検討しましょう。
さらにウィルスはアルコール消毒に弱いので必要に応じて霧吹き等で消毒をする(通販商品や配達品等)とよいでしょう。

もしも新型インフルエンザウィルスに感染してしまった可能性がある場合
すぐに病院には行かずに指定の新型インフルエンザウィルス相談窓口で相談員の指示に従って下さい。
不用意な病院利用は感染拡大を招く恐れがあるためです。

兵庫県 新型インフルエンザウィルス 相談窓口 公式サイト

朝来健康福祉事務所 地域保健課 079-672-5995

一番重要なことは冷静に対応することです。
この新型インフルエンザウィルスの毒性が弱いと言われ、特殊な場合を除き死亡する可能性が低いので
あわてる必要はありません。
あわてずに各家庭、各自で上記のような感染予防策を取りましょう。

posted by mr.fahrenheit at 14:26 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新型インフルエンザ 感染が確認された高校は私の住む町の近く
Excerpt: 某高校の近くに住んでいます。ほんと気をつけたいものです。
Weblog: Crossover クラシック音楽と現代音楽
Tracked: 2009-05-17 20:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。