教育 ⇒横峯吉文さんの教育のポイント

2009年06月01日

横峯吉文さんの教育のポイント

今日「エチカの鏡」で横峯吉文さんの教育のポイントを紹介しており、素晴らしいなと思いましたので紹介します。横峯吉文さんは横峯さくらさんのおじさんだそうです。

教育のポイント
  1. 子供は競争をしたがる
  2. 子供は真似したがる
  3. 子供にはちょっとだけ難しいことを与える
  4. 子供は自分を認めてほしい
さらに横峯吉文さんは言います。

天から与えられた才能は子供たちに平等に与えられる。
教育とはその天から平等に与えられた才能を引き出すことだ。

教育を守るとは?教育を育てるとは?と考えていた私に一つの道を示してくれる言葉です。
昨今の教育とは私たちがいかに子供を型に嵌めるかを考えていたのではないでしょうか?
いい子にしたい、いい大学に行かせたい、ピアノを弾かせたい、習字を覚えさせたい、子供たちの障害物を取り除きたい、そんな事をしながら私たちは私たちが考えるいいことを子供に押し付けてきたのではないでしょうか?そんなものは手段でしかないのではないでしょうか?本当に必要なことはいかに子供たちの可能性を引き出すか。いかに子供たちを縛っている私たちの常識から解き放ってあげるか。私たちは子供たちを私たちの常識という可能性を制限する足枷から解放してあげるかが大事なことだと私は横峯吉文さんの話を聞いて思いました。
社会には集団悪もあります、社会には差別もあります。社会には理不尽なこともあります。そのような事実を隠し、私たちは子供たちの障害物を取り除くことばかりに目がいき、子供たちを平準化させることに力を注いでいるのだと思います。集団悪や理不尽、差別をなくすようにすることは私たち大人の責任です。しかしそれと同時にそれらの障害に立ち向かえる天から平等に与えられた才能を子供たちから引き出すことが私たち大人のすべきことだと私は思います。

posted by mr.fahrenheit at 00:27 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。