環境 ⇒自然エネルギーで「自給自足」、全国で62市町村

2009年06月11日

自然エネルギーで「自給自足」、全国で62市町村

風力、地熱など自然エネルギーの供給量が、地域の家庭・業務用エネルギー需要を上回る自給率100%以上の市町村が、全国で62市町村もあることが千葉大などの調べで分かった。全国1位は地熱発電の利用が進む大分県九重町で自給率2258%(22倍以上)。2位は福島県柳津まちで1775%(17倍以上)、3位はは熊本県五木村で1301%(13倍以上)となった。その他、風力発電量1位の青森県東通村は586%(5.8倍)、バイオマス発電量1位の新潟県糸魚川市は182%(1.8倍)となっている。各地の自治会から石油など化石燃料に頼らない社会づくりがボトムアップで始まっている。

posted by mr.fahrenheit at 21:48 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<温泉発電>環境省が概算要求8億円
Excerpt: 環境省は25日、温泉熱を利用した「温泉発電」の普及を目指し、 来年度予算の概算要求に8億円を盛り込んだ。 国内の温泉の半数が入浴に適する温度より高いため、 冷まして利用している。 日ごろ捨て..
Weblog: 太陽光発電でストップ地球温暖化! 
Tracked: 2010-08-27 07:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。