環境 ⇒「手つかずの生ゴミ」3割

2009年06月11日

「手つかずの生ゴミ」3割

京大の調査で、家庭の生ごみの28%が野菜やうどんなどの手付かずで捨てられている食品であることがわかった。5年前の調査では11%で、この5年間で大幅に増加している。特に多いものは、@安売りシールのものAしなびた丸のままの野菜B惣菜のパックCむりょうの調味料の小袋D粉ものの袋など。食べられるゴミを減らすためには、食生活を見直す必要がある。

世界で6人に1人が飢えている一方で、日本は毎日30,000,000人分の食料を捨てています。

タグ:京大 生ゴミ
posted by mr.fahrenheit at 21:57 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。