医療 ⇒国民健康保険法第44条 (一部負担金に関する免除・減額)

2009年08月14日

国民健康保険法第44条 (一部負担金に関する免除・減額)

災害に関連して、国保法第44条の規定をご紹介します。

国民健康保険法第44条 
保険者は、特別の理由がある被保険者で、保険医療機関等に第42条又は前条の規定による一部負担金を支払うことが困難であると認められるものに対し、次の各号の措置を採ることができる。
 1.一部負担金を減額すること。2.一部負担金の支払を免除すること。3.保険医療機関等に対する支払に代えて、一部負担金を直接に徴収することとし、その徴収を猶予すること。 
2 前項の措置を受けた被保険者は、第42条第1項及び前条第2項の規定にかかわらず、前項第1号の措置を受けた被保険者にあつては、その減額された一部負担金を保険医療機関等に支払うをもつて足り、同項第2号又は第3号の措置を受けた被保険者にあつては、一部負担金を保険医療機関等に支払うことを要しない。 
3 第42条の2の規定は、前項の場合における一部負担金の支払について準用する。

つまり災害や失業で一部負担金の支払いが困難と認められる場合は、減額や免除が受けられるというものです。

 関連サイト ・・・・ 国民健康保険法/houko.com



posted by mr.fahrenheit at 07:46 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。