教育 ⇒日本、28カ国中27位=教育への公的支出−OECD調査

2009年09月10日

日本、28カ国中27位=教育への公的支出−OECD調査

興味深い記事がありましたので記事にします。

経済協力開発機構(OECD)は、盟国28カ国のGDPに占める教育費負担額の比較を行った。

日本は28カ国中27番目と教育に対する負担が非常に少ない結果となった。

いかにこれまで日本が教育に力を入れて来なかったかが分かる結果となっています。

私は教育と医療にはお金が掛かるものだと思っています。医療と教育はいくらお金が掛かっても掛けれるだけ掛けないといけない分野だと考えています。

医療と教育にお金を掛けないと現在と将来の生活を脅かす事になると思います。

朝来市も学校統廃合を進めておりますが、本当に必要なのか、原点に立ち戻り、統廃合すべきところと、統廃合すべきでないところを再度見直し、財政削減の優先順位を見直し、教育や医療にお金を掛け、市民の生活を守ってほしいと思います。

 関連サイト ・・・・ 日本、28カ国中27位=教育への公的支出−OECD調査/時事ドットコム



posted by mr.fahrenheit at 23:03 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。