行政 ⇒公契約条例

2009年10月01日

公契約条例

昨日の新聞から。

千葉県野田市が全国初の「公契約条例」を制定。

「公契約条例」とは、公共工事や委託業務受注企業に一定水準以上の賃金支払いを義務付けるものです。

国際的にはILO(国際労働機関)により条例が採択されており当たり前の考え方ですが、日本では初めての取り組みです。

昨今、派遣切りが問題になっておりますが、
現場作業員はこれまで切り捨ての対象でありました。
その権利や生活を守るという意味で非常に重要な取り組みです。

これからの朝来市が目指す公共工事や委託業務は、
効率化を図りながらも
経済効果や富の再分配にも配慮していく必要があると私は思います。

具体的には、発注は市内業者を優先し、経済効果のない発注は行わない。つまりは、価格を抑えながらも経済効果のある、PFIで言うところのVFMが一番高い発注を行うべきであります。

 関連サイト ・・・・ 公契約条例/全建総連
 関連記事 ・・・・ 八鹿町とがやま温泉 天女の湯 PFI方式ついて



posted by mr.fahrenheit at 01:16 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。