まちづくり ⇒プラーヌンクスツェレ

2010年01月12日

プラーヌンクスツェレ

私が今日読んだ本です。


非常に面白く、政策を考える上でも有意義な本であります。

プラーヌンクスツェレとは「無作為・有償・討議」の市民参加手法の事です。

 関連サイト ・・・・ 日本プラーヌンクスツェレ研究会(一部工事中)

私が信頼する人から頂戴した本です。

明日からもう一冊頂いた本を読もうと思います。


私の選挙公約は「朝来市に住民自治を実現する」です。

その手段を考えていた時に「プラーヌンクスツェレ」と出会いました。
従来の委員会や審議会に違和感を感じておりましたが、その理由が「プラーヌンクスツェレ」にありました。
それは「無作為」であることです。

この本にはこう書かれております。
「参加者が無作為抽出された住民である事は、最も重要な事です。」
「第一に、社会全体の縮小ともいえる”無作為抽出の市民”の持つ意義は特別といえます。」
「第二に、参加者がその課題に対して、基本的には利害関係者でないことです。だからこそ公共の福祉を目指す連帯感に基づくものになります。」
「第三に、参加がキャリアアップに結びつかない点です。」

この「プラーヌンクスツェレ」の手法を使って、
朝来市に「住民自治を実現させる」べくもう少し研究をして行きたいと思います。

posted by mr.fahrenheit at 23:05 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138130306

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。