医療 ⇒豊岡病院組合における朝来市の負担率

2010年02月01日

豊岡病院組合における朝来市の負担率

今日は豊岡病院組合における朝来市の負担率についてご説明致します(平成20年度実績)。

 分賦金=分担金+病院交付税額
 2,403,023,000=1,433,383,000+974,200,000

 朝来市分賦金=382,337,000+120,710,000=503,047,000
 豊岡市分賦金=1,051,046,000+853,490,000=1,904,536,000

 分担金=1,433,383,000=382,337,000(朝来市負担率26.67%)+1,051,046,000(豊岡市負担率73.33%)

 分賦金=2,407,583,000=503,047,000(朝来市負担率20.89%)+1,904,536,000(豊岡市負担率79.11%)

 分担金の際には朝来市の負担率は26.67%ですが、分賦金の際には20.89%になっています。これは、病院交付税額による違いです。

 病院交付税額=974,200,000=120,710,000(朝来市負担率12.39%)+853,490,000(豊岡市負担率87.61%)

 病院交付税額は朝来市の負担(12.39%)が大幅に少ないため、分賦金を計算した時に負担率が少なくなります。但し、病院交付税自体は国から交付税措置されるため、豊岡市の負担率が多い(87.61%)と言えども、豊岡市の負担には関係の無い数字であると言えるから、朝来市の負担にも関係がない数字であると言える。
 結果としてただ単に分賦金に対する豊岡市の負担が増えたように見えるだけであり、実際の負担率は、両市の分担金負担率で示される。
 朝来市負担率=26.67%
 豊岡市負担率=73.33%
 
しかし実際の利用率は、朝来市が21.37%で豊岡市が78.63%である。

つまり朝来市は上記の26.67%−21.37%=5.3%も利用率より多く負担している事になります。
金額にして約7500万円(特別分担金や過疎債調整額が計算に含まれ、ややこしいのでここでは概算です)。

私はこの差(約7500万円)こそ、まず朝来市が豊岡病院組合内で是正を目指すべきであると考えます。



posted by mr.fahrenheit at 22:04 | 兵庫 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ村からたどり着きました。
少し古い記事へのコメントを見てもらえるか不安ですが、ちょうど気になっていることがあったのでコメントさせていただきます。
市庁舎の建て替えの議論がもちあがり、今や停滞かと思いますが、その一方で和田山医療センターの立て替えの話って持ち上がってこないのでしょうか?夏行くと暑いし、渡り廊下は夏は酷暑冬は極寒。あちらこちらに雨漏りの後や噂も耳にします。八鹿病院の整形がなくなって、多くの患者がやって来ていると思いますが、建物や設備の充実、医者の充実なんてことは市としては考えてないんでしょうか?負担率が多いならば、もっと強く豊岡病院組合に働きかけてもいいと思いますけど?
豊岡病院までは遠くて足が遠のきがちな市民にとっては組合内でNo.2並の扱い受けてもいいと思いますよ。
Posted by 全量な市民 at 2010年05月04日 15:03
全量な市民さん、コメントありがとうございます。

私も全量な市民さんの仰る通りだと思います。
私は基金運用調査特別委員会に属しており、中途解約をすべきとの立場から発言をしております。その大きな理由の一つが、財政調整基金や地域振興基金の用途が自由な基金が塩漬けになっている事があります。
私は中途解約を行い、これからの朝来市に必要な事業に使えるよう備えるべきであると考えております。基金とは、市民から預かっている、市民が積み立てたお金です。市民の生活や将来を守るために使われるべきであります。
ただ一方では、費用や事業性をよくよく検討し結論を出すべきであるとも考えておりますので、新病院が建設可能なのか、継続性が保たれるのか等を慎重に検証して参ります。
今年度予算には朝来市の地域医療を考えるための事業が行われ、今年度の秋を目途に結論を出されます。3月議会の予算審議に際しては、広く市民に周知し、市民の意見を反映させた意見集約に務める事との意見を付しておりますので、現在と未来の朝来市の重要な地域医療に対して責任を持った決定を行って参りますから、これからも沢山の市民の方のご意見を頂きたいと考えておりますので何卒宜しくお願い致します。

※因みに我が朝来市の豊岡病院組合における負担率は約26%、しかしながら利用率は約21%であります。これだけでも朝来市の地域医療がいかに等閑にされているのかがお分かり頂けると思います。ただ豊岡病院組合議会(定数14名)における朝来市選出議員は4名でありますので、絶対的不利な状況にあります。ここを打開するには、議員同士が連携をする事(朝来市の主張を正々堂々と主張する事)と、さらに重要な事は市民に今の状況を理解して頂き、応援をして頂く事が重要であると考えております。
私たち議会も今年度から議会報告会を行い、市民との意見交換や説明会をして、より正確な現状の説明をして参ります。
どうか一緒になって朝来市の作り、守っていく活動を行って頂きたいと考えておりますので、重ねて宜しくお願い申し上げます。
Posted by 吉田 俊平 at 2010年05月06日 09:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。