朝来市基金問題 ⇒指定金銭信託の突破口

2010年02月06日

指定金銭信託の突破口

ここの所、朝来市の基金問題の研究をしております。

なかなか解決の難しい問題です。

各資料や起案書(公文書開示請求をしました)を読んでいると、何億もの市民のお金を簡単に仕組み債や指定金銭信託に投資・信託した行為に対して、腹が立ちます。
昨日は余りに腹が立ったので、事務所の周りを散歩して気を紛らわさなければいけないぐらいでした。

今日も午後から条例違反の指定金銭信託を研究しておりました。
私は主に「どうすれば朝来市のお金が返ってくるのか」という点に重点を置いて検討をしております。
特に、朝来市の各基金条例違反である三井住友銀行を受託者とする指定金銭信託は、絶対に許せません。

今日、契約書・関係法令を調べた結果、有意義な手法があるかもしれません。
後日、ご報告できればと思います。
 
 関連サイト ・・・・ 信託法
                         信託法改正要綱

posted by mr.fahrenheit at 00:35 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝来市基金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140353611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。