日記 ⇒マンデラの名もなき看守

2010年02月14日

マンデラの名もなき看守

「マンデラの名もなき看守」

監督 ; ビレ・アウグスト
主演 ; ジョセフ・ファインズ

南アフリカがアパルトヘイト政策をとっていた頃
ネイティヴ・アフリカンの権利のために闘っていたネルソン・マンデラ、但し塀の中から。
ノーベル平和賞も受賞したネルソン・マンデラだが
彼を描いた映画はこれまで一度もなかった、ネルソン・マンデラは許さなかった。
そんな彼が初めて映画化を許可した
ネルソン・マンデラと彼が囚われの身となっていた刑務所の看守との物語。

全編にあるものは
人間が本来持っている良心の存在と
人と人とが触れ合い交流して生まれる友情。

「遠い夜明け」に勝るとも劣らない
アパルトヘイトを描いた社会派作品の傑作。



posted by mr.fahrenheit at 21:01 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マンデラの名もなき看守/Goodbye Bafana(映画/DVD)
Excerpt: マンデラの名もなき看守(原題:Goodbye Bafana)キャッチコピー:27年間囚われた、のちの南アフリカ初の黒人大統領。今、秘められた感動の実話が明かされる。あなたに逢って、知った。世.....
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-02-25 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。