行政 ⇒経済波及効果について

2010年02月24日

経済波及効果について

今日は、経済波及効果について少し。

昨年の選挙前から、朝来市の将来を考える上で、経済波及効果をどのように算出するのか非常に気になっておりました。
少しだけ、その方法が分かりましたのでご紹介致します。

乗数効果投入産出分析

乗数効果とは、100円のもの売った時に、限界消費性向を基にして、無限連鎖的に売った人が売った金額を消費に回し、その消費に回ったお金がさらに消費に回されると想定した効果の事です。
詳しくは下記のサイト説明をご覧ください。
ただ全てが無限連鎖的に消費されないので実際には、日本の公共投資乗数は、1.14倍だそうです。

 関連サイト ・・・・ 乗数効果 (じょうすうこうか)
              限界消費性向 (げんかいしょうひせいこう)
                          限界貯蓄性向 (げんかいちょちくせいこう)

投入産出分析は難しすぎて、私には説明が出来ませんので、下記のサイトをご参照ください。

 関連サイト ・・・・ 投入産出分析

要は原理や理屈を知ることも大事ですが、その存在とどのように使うかを知っている事の方が重要です。
つまり、経済波及効果を分析する手法とメリット・デメリットを理解し、いかに政策に生かすかが重要だと思います。

神奈川県は経済波及効果分析ツールを公開し、ダウンロードもできますのでサイトをご紹介いたいます。

 関連サイト ・・・・ 神奈川県産業連関表 利用マニュアル/神奈川県

今後は、朝来市も事業を行う上で経済波及効果や対象事業の効果測定、費用対効果を数値で算出し、無駄のない行政を目指して行かなくてはなりません。
そのための研究をいま行っておりますので、今後の市政に生かして参りたいと思います。

それから経済学の分かりやすいサイトをご紹介致します。

 関連サイト ・・・・ 経済学基礎A(PDFファイル)

因みに明日は政策説明会ですので、しっかりと勉強してきますv(^ ^)v。

posted by mr.fahrenheit at 21:38 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。