朝来市基金問題 ⇒基金運用問題

2010年04月15日

基金運用問題

4月12日に、朝来市が基金運用問題(指定金銭信託分)に関して提訴されております。

4月13日には、全員協議会が開かれ、
当局が依頼をされた弁護士チームの朝来市基金運用問題に関する調査報告が行われました。

4月21日には、基金運用調査特別委員会が開催されます。

連日、神戸新聞で朝来市基金運用問題が特集されており、
市民の皆様にはこの基金運用問題をもっと知って頂き、関心を持って頂くためにも、読んで頂きたい。

先の議会での私の一般質問でも取り上げましたが、
この基金運用問題は市民の皆様に関係のない事ではありません。
非常に密接に、市民生活に関係をしておりまして、
現在は市民サービスにも影響が出てきており、
今後はさらに影響が出てくる事が懸念されております。

今回の提訴に関しては、訴状を確認出来ておりませんので確かな事は言えませんが、
住民訴訟と言う事ですので、出訴期間の問題があるのかなと考えております。

しかし、住民の声としては、売り手責任もさることながら、
「何故、こんなものを我々の税金で購入してしまったのか?」
「その責任をだれが取るのか?」といった当然とも言える声をよく聞きます。

そういった意味では、「今回の提訴は必然的帰結であった」のではないかと思います。

私は、基金運用調査特別委員会委員として、
今後はより良い選択のため、
最善を尽くしてまいりたいと考えておりますから、
市民の皆様の率直なご意見をお聞かせ頂きたいと思いますので宜しくお願い致します。

 関連サイト ・・・・ 地方自治法/住民訴訟
             「早急に解約、売却」提言 朝来市仕組み債問題/神戸新聞

posted by mr.fahrenheit at 09:05 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 朝来市基金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146579189

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。