日記 : のカテゴリの記事一覧です。

朝 来 市 の 王 道⇒日記

2010年03月02日

モデムトラブル

モデムトラブルにより、インターネットが出来ない状況が続いておりました。

旧和田山町のインターネットモデムを使っていましたが、原因は老朽化のようです。

明日からブログ記事の再開をしたいと思いますm(_ _)m。


posted by mr.fahrenheit at 18:51 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

3月定例会 初日

3月定例会がいよいよ始まりました。

12月から3カ月間、みっちりと勉強を致しましたので、
前回よりも良い活動が出来ることと思っています。

3月1日が一般質問の通告期限ではありますが、今回も一般質問をしますので、良かったらご覧になって下さい。因みにまだ日程は決まっていません。一般質問の順番は、会派代表者質問が先で、その後は一般質問通告順です。

posted by mr.fahrenheit at 22:16 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

土曜ドラマ ハゲタカ ROAD TO REBIRTH

NHK土曜ドラマの「ハゲタカ」が面白い。既に放送は終わっていますが、DVDはリリースされています。最近映画版のDVDがリリースされましたが、私は個人的にはドラマの「ハゲタカ」の方が好きです。
まだの方は是非一度TSUTAYAでお借りになって、ご覧になって下さい。

小説「嵐が丘」で有名な作家、エミリ・ブロンテさんが歌詞を書き、「tomo the tomo」さんが歌う、ハゲタカのエンディングテーマ、「Riches I hold in light esteem」 です。
             エンディングテーマ(歌詞・映像あり)/NHK

NHKの公式サイトを下記にリンクします。

 関連サイト ・・・・ 土曜ドラマ ハゲタカ*ROAD TO REBIRTH/NHK

  

posted by mr.fahrenheit at 18:02 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ポアンカレ予想

今日は、前にもオススメしたポアンカレ予想の動画が面白いので、下記のキーワードで検索なさって下さい。

 関連キーワード ・・・・ poincare conjecture and Grigori Perelman

ポアンカレ予想は、「単連結な三次元閉多様体は、三次元球面と同相と言えるか」という難しい世紀の難問です。

私には難しすぎて説明が出来ませんが、非常に面白い内容です。
NHK出版が本を出しておりますので、そちらにも詳しく書かれております。



 関連記事 ・・・・ ポアンカレ予想

posted by mr.fahrenheit at 19:18 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

風力発電所 環境アセスメント対象事業に

風力発電所が環境アセスメントの対象事業に追加されるようです。

 関連サイト ・・・・ 風力発電事業も環境アセスの対象に 専門委が中間報告/asahi.com

また、風力発電所に関連して、低周波問題も浮上しているようです。

 関連サイト ・・・・ エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?

今回のアマチュア無線4級で勉強したので、周波数についてご説明致します。
 
 波動現象において周期を T [s] とすると、
波の周波数 f [Hz] は次のように定義される。
 f=1/T
さらに波の速さを v [m/s]、波長を λ [m]とすると
  λ=v/f 
または 
 v=fλ
という関係が成り立ち、周波数 f は 
 f=v/λ
で表される

※但し、電波の場合は、vが光の速さとなります。

 関連サイト ・・・・ 環境アセスメントとは/環境省
             環境影響評価に関する条例/兵庫県

posted by mr.fahrenheit at 22:03 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタフライ

今日はバレンタインデイです。

木村カエラの曲「バタフライ」をどうぞ!!

  YouTube 木村カエラ 「バタフライ」

posted by mr.fahrenheit at 21:13 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迷子の警察音楽隊

迷子の警察音楽隊オススメです。 
 
     
 
 
 イスラエルとエジプトは敵対していた時期があり、今もアラブ諸国とイスラエルは仲が悪い。そんなエジプト、アレキサンドリア(エジプト第2の都市)の警察音楽隊がイスラエルの文化センター設立記念式典のためにイスラエルにやってきたのだったが、目的地を間違え片田舎の町に・・・ 

 彼らの出番は明日、必ず出席しなければならない。ただ、警察音楽隊の評判を落として予算を削られたくないという思惑がありエジプト大使館に助けを求める訳にもいかず、現地のイスラエル人に助けを求める。そんな彼らと現地イスラエル人との心の交流を描く。 

 映画の中にあるのはあくまで現実の世界とその現実の中で人間が見せるその人の本性をあぶり出していく。イスラエル人とエジプト人との壁を描くのではなく、両国の関係と歴史の現実を踏まえながらも、人が人と出会い、お互いがお互いに人として接する瞬間を誇張なく描いた素晴らしいロードムービーです。
  
posted by mr.fahrenheit at 21:05 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

突入せよ!「あさま山荘」事件

突入せよ!「あさま山荘」事件。

現実にあった「あさま山荘」事件を題材に

撮影にはDVCPRO HDカメラの"VARICAM"(AJ-HDC27F)が使われ

全編デジタル撮影が行われた。

主演 ; 役所 広司

監督 ; 原田 眞人

ドキュメンタリータッチにストーリーが展開し

非常にリアリティーのある作品となっており

この、突入せよ!「あさま山荘」事件 は

世界水準の作品と言える。

また佐々淳行役の役所広司の演技は

この、突入せよ!「あさま山荘」事件を

彼の代表作品に仕上げたと言えるだろう。

2時間強の映画だが

観客を飽きさせることなく

終わりまで持って行く魅力がこの作品にはある。



posted by mr.fahrenheit at 21:04 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンデラの名もなき看守

「マンデラの名もなき看守」

監督 ; ビレ・アウグスト
主演 ; ジョセフ・ファインズ

南アフリカがアパルトヘイト政策をとっていた頃
ネイティヴ・アフリカンの権利のために闘っていたネルソン・マンデラ、但し塀の中から。
ノーベル平和賞も受賞したネルソン・マンデラだが
彼を描いた映画はこれまで一度もなかった、ネルソン・マンデラは許さなかった。
そんな彼が初めて映画化を許可した
ネルソン・マンデラと彼が囚われの身となっていた刑務所の看守との物語。

全編にあるものは
人間が本来持っている良心の存在と
人と人とが触れ合い交流して生まれる友情。

「遠い夜明け」に勝るとも劣らない
アパルトヘイトを描いた社会派作品の傑作。



posted by mr.fahrenheit at 21:01 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンコック

「ハンコック」を観ました。

   

 ウィル・スミス演じる主人公ハンコックはどうしようもないクズでオヤジなスーパーヒーロー。人は助けるが周りのことなどお構いなしにいつもやりすぎてしまう。そんな彼は当然周りの嫌われ者で子供からもクズ呼ばわれされるが、「クズ」という言葉を掛けられると見境なくそのスーパーパワーを使い黙らせてしまう(刑務所でのシーンは笑える)。

  ある日彼は広告業界の営業マン(レイ)を助けたことがきっかけでレイにハンコックのイメージ回復PRを買って出られたのだったが・・・ 

 最後まで飽きずに観れる映画。最近の映画では珍しく時間が短く(単に時間が長くするために意味のないシーンが続く映画が多い中)鑑賞者を飽きさせない。痩せたシャリーズ・セロンも美しかった、何よりもウィル・スミスの観客を惹きつける演技は旬の俳優にしか出せない。またCGが素晴らしく違和感を感じさせないというよりむしろアニメ的な要素が強調されており、非現実的なストーリーをうまく表現されていた。

 楽しい映画です、オススメ。
タグ:ハンコック
posted by mr.fahrenheit at 20:59 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。