まちづくり : のカテゴリの記事一覧です。

朝 来 市 の 王 道⇒まちづくり

2010年04月26日

視察

明日、明後日と敦賀市に視察に行って来ます。

最大の目的は、議事録作成ソフト(音声認識ソフト)の視察です。

「識字率」や「運用実態」を調べて来たいと思っています。

 関連サイト ・・・・ 音声認識AmiVoice(アミボイス)の実例/アドバンスメディア

タグ:敦賀市 視察
posted by mr.fahrenheit at 20:39 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和田山駅前トラ市

4月24日(土)に和田山駅前でトラ市(軽トラ市)が開催されました。

駅前の活性化と買い物過疎を打開しようと、商工会青年部の方や和田山駅前区の方が中心となり、農産物・海産物・手作り食品・工芸品・古着・飲食物販品等を軽トラに乗せて、販売をされておりました。

当日は多くの方の来場があり、大いに盛り上がっておりましたが、あいにく雨や雹が降ってしまい、寒い中での開催で、主催者の方、出展者の方は、本当にご苦労様でした。

今後のご発展を期待しております。

 ※因みに私は、雨に当たってしまい、風邪をひいてしまいました(= =)。

posted by mr.fahrenheit at 20:20 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

プロジェクター 貸出し

朝来市社会福祉協議会のブログ「みんなの朝来市社会福祉協議会」にプロジェクターを貸し出しているとの記事がありましたので、ご報告します。

社協の企画で、「宅老所えんや」にて出張映画会が開催されたとのこと。

「他地区でも希望があればお問い合わせください」とありますので、ご希望される方は、朝来市社会福祉協議会まで。

 関連サイト ・・・・ 出張映画会 大盛況!宅老所えんや

posted by mr.fahrenheit at 06:38 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

カリフォルニア・ソーラー・イニシアチブ(カリフォルニ ア太陽光エネルギー政策:略称CSI)

今日はもう一件記事を書きます。

それは「カリフォルニア・ソーラー・イニシアティブ」です。
何の事かと言うと、詳しくは下記を参照!!

 関連サイト ・・・・ 【再生可能エネルギー特集】太陽光発電太陽光発電に対する奨励金をカリフォルニア州が承認(米国)/NEDO海外レポート NO.987, 2006.10.18
                            カリフォルニア州自治体・企業等の太陽光発電への取組み/福岡県

2010 年までに州内での発電量の20%は太陽光を中心とした再生可能エネルギーで供給することを電力会社に義務づけた。また、太陽光発電について、2017 年までに発電量を現在の10 倍以上(3,000 メガワット)まで引き上げるため、総額33 億ドル(=約3,800 億円)の「太陽光発電設備設置助成金制度」を創設している。また、フィードインタリフ制度*2を従来の大容量取引だけへの適用から、一般家庭の少量取引にも適用できるようにし、個人住宅への導入を促している。

 関連サイト ・・・・ 欧州で広がる太陽光発電のFITって何?/日経トレンディネット

何故こんな事をご紹介したかと言いますと、
カリフォルニア・ソーラー・イニシアティブの中で、
非常に面白く有効な取り組みがなされているからです。

それは、カリフォルニア州バークレー市の「税制と連動した設備資金貸付制度」です。
どんな制度かと言いますと、
市債で個人にソーラーパネル設置費用を全額融資して、その融資金の回収を固定資産税に賦課して回収するというものです。
これならば、設置者の高い設置費用の負担軽減ができるからです。
但し、これは中古住宅市場での売買が活発であるアメリカならではの手法であるとも言えます。

他にも、SolarCity社のようにリースで太陽光パネルを設置している手法も面白い。この手法も設置者の負担軽減が図れ電気代もセーブできるので、ウィンウィンの関係になる。

これから太陽光発電の導入促進を図るには、設置者の負担軽減策をも考える必要があります。

 関連サイト ・・・・ SolarCity/USA

 関連記事 ・・・・ 春のような日(太陽光発電)/但馬の家 太陽光発電パネルの実績(2005.02-2006.01)

posted by mr.fahrenheit at 00:39 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

現庁舎玄関前に点字ブロックの設置完了

本日、現庁舎前玄関前に点字ブロックが設置してあるのを確認致しました。

先の12月議会の私の一般質問で要望をした「現庁舎玄関前に点字ブロックを」が早期に実施された事に対して、
行政当局の真摯で誠実な対応に感謝を致しますm(_ _)m。

 P1000007.JPG

※夜遅くに携帯のカメラで撮影致しましたので、画像が明瞭ではなく、申し訳ございません。

これからも一つずつ着実に市民の皆様のためになる事をして行きたいと思いますv(^ ^)。

 関連記事 ・・・・ 12月定例会 一般質問

posted by mr.fahrenheit at 21:18 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ふるさと納税制度 第2弾

昨日の「ふるさと納税」制度について、続けて記事にします。

 関連サイト ・・・・ ふるさと朝来応援事業/朝来市

平成21年度の朝来市に「ふるさと納税」をして頂いた方は、17件です。
本当にふるさと朝来市のために納税をして頂いた方でありまして、「ふるさと納税(寄付)」自体は、寄付者には5,000円が税控除されないため、ご自分の負担となるにもかかわらず、善意で朝来市の未来と現在に寄付を頂きました。
本当にありがとうございます。有効に、無駄なく活用させて頂きたいと思います。

ところで、昨日の記事に香美町の取り組みを載せましたが、下記に平成20年度の実績が載っております。

 関連サイト ・・・・ 平成20年度 香美町ふるさとづくり寄附金の状況

香美町は「ふるさと納税」をして頂いた方に特典を付けております。カニや但馬牛などをお届けしています。
朝来市で同じような事が出来るかは分かりませんが、私は香美町の積極的な取り組みは評価できると思いますし、朝来市の香美町の平成20年度の実績を目標に取り組むべきであると考えます。

香美町の656件に対して、朝来市の17件は少なすぎます。
どうすれば香美町のように多くの方に「ふるさと納税」をして頂けるか、真剣に考えて行きたいと思います。

本日、担当課に伺い、「ふるさと納税」の重要性や新しい取り組み、香美町の実績等をお話し、
一般質問で「ふるさと納」について取り上げますとお話をして参りましたので、
3月には一つの方向性が出せるのではないかと考えております。

ふるさと納税」は朝来市の収入アップにつながる事でありますので、
千葉県市川市や北海道夕張市のような新しい取り組みを取り入れることで、
制度や形式だけを取り入れるのではなく、
ふるさと納税」をして頂いた方や市民の方に市税の使い道を納得して頂き、満足して頂けるかという視点が重要だと思います。

最後に行政の方に提案ですが、上記の「ふるさと納税」をして頂いた方、17名にアンケート取られてはいかがでしょうか?
17名の多くの方は朝来市に期待と関心をお持ちであると思います。
現在の積極的な取り組みがなされていない中でも「ふるさと納税」をして頂いた理由にこそ、「ふるさと納税」制度の有効活用の答えがあると私は思います。

 関連サイト ・・・・ ふるさと朝来応援事業パンフレット
 
 関連記事 ・・・・ ふるさと納税

posted by mr.fahrenheit at 19:55 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ふるさと納税

今日は、ふるさと納税についてお話します。

ふるさと納税制度は、正確には納税ではなく、5000円を超える額の寄付になります。
そして「ふるさと納税」を利用して頂いた方はその金額から5,000円を引いた金額が税額控除できます。
寄付をして頂いた方にも、朝来市にとっても良い制度です。
詳しくは下記のサイトをご覧ください。

 関連サイト ・・・・ 「ふるさと納税」の方法/ふたくす

残念な事に、朝来市の「ふるさと納税」に対する取り組みは遅れています。
近くでは香美町が進んでいる例と言えます。

今後は朝来市としても、
「ふるさと納税」制度を活用し、
医療や教育に利用するよう、
「ふるさと納税」を促進をして行かなければいけません。

「ふるさと」朝来市は、朝来市出身の方にとっても気になる存在なはず。
「ふるさと」の朝来市の必要な事業にお金が使われるのならば、
きっとご協力して頂ける方はたくさんおられる事でしょう。

しかし行政当局の具体的な取り組みは全くないと言っても過言ではありません。
多くの帰省された方が集まる場所では、
市長を初め、議員、行政職員は、この「ふるさと納税」に協力して貰えるようPRをすべきです。
例えば、同窓会、盆踊り、新年会、お祭り、イベント等です。
朝来市のHPでもPRが必要です。

また、香美町などは、「ふるさと納税」をして頂いた方に、特典をお送りしております。
そのような積極的で、建設的な努力と新しい事に対応する発想力が今の朝来市には必要な事だと私は思います。

また、この「ふるさと納税」制度は、朝来市民が必要と思う事業に自分が払う税金を使わせる事も制度的に可能です。
但し現在の朝来市には制度設計自体がありませんので、私はこのような制度設計も考えて行きたいと思います。

他市では、幸福の黄色いハンカチ基金〜夕張への「ふるさと納税」をお願いします!〜/北海道夕張市市民活動団体支援制度(1%支援制度)/市川市ボランティア NPO WEBがあります。

 関連サイト ・・・・ ふるさと納税制度で新しい香美町づくりにご協力をお願いします/香美町
             ふるさと納税 自治体特典・特産品一覧(2010年版)
              ふるさと納税応援サイト
 
posted by mr.fahrenheit at 00:49 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

糸井区長会 歓送迎会

本日、糸井区長会の歓送迎会を参加させて頂きました。

初めての区長会でご挨拶をさせて頂きましたが、
緊張をしていて、
終わりの挨拶のタイミングを間違え、
お恥ずかしいご挨拶をしてしまいました。

昨年度末まで、区長をして頂いた方には、公私の別なく、各地区、糸井地区のために、気苦労の絶えないお仕事、本当にご苦労さまでございましたm(_ _)m。

色々と勉強になるご意見を頂き、交流をさせて頂き、貴重な時間でございました。

各地区、呼んで頂ける事がありましたら、飛んで参りますので、お声かけをお願い致します。

ではでは、本日はここまで。

posted by mr.fahrenheit at 22:10 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

本庁舎問題

いま私は11月から2カ月かけて本庁舎建設に関する勉強をし、朝来市庁舎建設検討委員会資料をつぶさに研究し、近隣新庁舎の研究をして参りました。
その成果が何とかまとまりましたので近い内には市民の皆様にご報告をさせて頂きたいと思います。

私は、朝来市の本庁舎を建設すべきと考えます。
その理由は、
  1. 和田山の現庁舎の法定耐用年数が一部の庁舎で経過しておる事。
  2. 合併特例債の使える平成26年度中に本庁舎建設を行わないと一般財源だけでは建設が不可能な事。
  3. いつかは庁舎にも物理限界が来るのでその時に建てるよりも合併特例債が使える内に本庁舎建設を行う方が将来的な財政負担が少ない事。
  4. 生野・朝来・山東の他の庁舎では庁舎規模が小さい事。
  5. 生野・山東・朝来の支所機能を除き、庁舎機能を統合することでランニングコストが削減できる事。
  6. 総合庁舎の借り上げは県との協議問題であり、平成26年度中には結論が出せそうにない事。
  7. 支所機能は残すので、大きな混乱は起きない事。
  8. 現在の財政計画でも本庁舎建設は方法によって十分可能な事。
  9. 必要最低限度の本庁舎建設を目指す事。
  10. 現庁舎が耐震性に問題があり、現在位置が急傾斜崩壊危険個所に指定されている事。

が挙げられます。

詳しい提案内容は、後日市民の皆様にお伝え致しますが、
ここで一番重要な事は、住民不在の本庁舎建設になってはいけない事だと思います。

市民の税金を使う限り、
正しい情報を提供し、
ご説明をして、
住民の意見を反映した結論を導き出す必要があります。
その上で、本庁舎建設に対する結論を出す。

多くも市民の方は、本庁舎建設に反対ではなかろうかと思います。
基金運用問題もあります。
人口減、税収減、交付税減という状況にもあります。
将来の経済が不透明な事もあります。
正確な朝来市の財政状況の説明も必要です。

それら一つ一つを解決した先に本庁舎建設があるべきだと私は思います。
そういった民主的プロセスを経たうえで、尚且つ政治判断を行うこともあります。

ただ、それらの努力もなしに建設の結果だけを受け入れて貰えると考える事は、市民目線の市政とは到底言えないでしょう。

まず私は、より正確な情報を提供し、私の朝来市本庁舎建設の提案を行い、市民の目に見えない形で本庁舎建設が行われないよう注意を喚起するつもりでいます。

そのうえで行政当局にも真摯で早急な対応を求めて参りたいと考えております。

 関連サイト ・・・・ 朝来市防災マップ/現庁舎付近(和田山町北部・和田山駅前を含む) 
※右クリックをしたままポインターを移動させるとご覧になりたい個所を中心に持って来れますので、スクロールボタンで拡大して下さい。

posted by mr.fahrenheit at 22:51 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和田山駅前活性化

今日は少し、和田山駅前の活性化についてお話をさせて頂きたいと思います。

いま和田山の駅前は、非常に厳しい状況に追い込まれております。シャッター街に近しいものさえ感じます。
その理由を、

ある人は、経営努力が足りなかったせいだと言い、
ある人は、後継者が育っていないからだと言い、
ある人は、時代の流れだと言います。

私は、全ての理由が当てはまるのではないかと思います。

経営努力が足りなかった場合もあるでしょうし、時代の流れだとも言えます。

でも今必要な事は、新たな歩みを踏み出すことだと思います。
これからどうするのかいう事が一番大事なことではないでしょうか?
あたらしい駅前の形を模索することこそ、いま求められている事です。

これは何も和田山町の駅前に限った事ではありません。
山東町も、生野町も、朝来町も、それぞれ既存の小売店や商売が成り立たなくなっております。
このままで良い訳がありません。

いまは時代の転換点にいるのではないでしょうか?

過去から学び、
現状を把握し、
未来へと希望を託していく、
いまこそ、その時なのだと私は思います。

これからの新しいまちづくりが必要です。
如何にしてお金を朝来市で循環させるか、
大型店と共存しながら、
如何にして地域に密着した経済も守るか。
大型店が撤退したときにも困らないまちを
如何にして作るか。

新たな取り組みをいま始めなければいけないのだと私は思います。

モノが売れない。
   ↓
後継者が育たない。
   ↓
廃れてしまう。

この負の連鎖を断ち切るまちづくりが必要なのだと思います。

失敗するかもしれない、
難しいかもしれない、
出来ないかもしれない。

それでも今やらなれければなりません。
昔の人がフロンティアを求め、
大海原に、
大草原に、
西へ東へと、
航海をし、歩き続けたように、
チャンスを求め、
チャレンジを続けたように、
私たちは開拓者とならなくてはなりません。
時代の開拓者へと・・・

posted by mr.fahrenheit at 22:04 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | まちづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。