議会 : のカテゴリの記事一覧です。

朝 来 市 の 王 道⇒議会

2010年05月06日

議事録作成支援ソフトの視察報告

先日行って来ました敦賀市の議事録支援ソフトの報告をさせて頂きたいと思います。

まず初めに、敦賀までは遠かった。
汽車よりも車のお金が安かったので車で行きました。
経路は、福知山(一般道)−小浜西(舞鶴若狭自動車道)−敦賀(一般道)です。
小浜西から敦賀までは平成26年を予定しているみたいです(無料区間となるようです)。
トラ市で雨に当てられ、風邪をひき、車での移動は辛いものがありました。

さて、本題の議事録作成支援ソフトについてでありますが、
議事録作成支援ソフトは、音声認識ソフトであります。
国会でも参院議院では、音声認識ソフトの検討が行われ速記者の要請が廃止となっています。
今後の流れとしては、音声認識ソフトが主流となってくることになります。

そこで重要な事は、まだ普及の進んでいない今の時期に導入をするメリットがあるのかと言う事です。
まず識字率ですが、会社の製品案内には、識字率70%との記載がありました。
しかし今の敦賀市の運用実績は、70%には程遠いようです。
ですから議事録作成ソフトを利用して議事録を作りながらも、重ねて議事録作成を業者に委託されておりますので、予算を比較すると議事録作成支援ソフト分の費用が余分に掛かっている事になります。
議事録作成支援ソフトの識字率を上げるためには、アップデートにより、識字率を上げる期間が必要になります。今の朝来市には予算的に余裕がないので無理だと感じました。
また、一番重要な事で、作業に掛かる手間がどれくらい掛かるのかと言った事は、
正直言って、今の議会事務局の人数では対応できないと感じました。
このソフトを導入する事によって得られるメリットは、経費と効率化でありますが、
本会議と委員会における全てを議事録作成業者でテープ起こしをして貰ってる現状では、全ての議事録の作成業務を議事録作成支援ソフトで行う事自体が物理的に不可能であることが分かりました。
視察先でも伺いましたが、このソフトを導入して喜んでおられる自治体は、今まで全ての議事録作成を自前で行っておられた所のようです。そのような自治体からすれば、議事録作成の手間が劇的に減りますので、非常に効率的であると言えます。

ですから結論としては、今の段階での議事録作成支援ソフトの導入は無理であると思います。
しかし最初にも説明を行いましたが、今後の趨勢として、議事録作成は音声認識ソフトを使う流れに代わりありませんので、導入時期は全国の自治体の動きを見ながら、行っていく必要があると思います。

posted by mr.fahrenheit at 17:49 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

議会広報特別委員会(3月定例会について)

議会広報特別委員会(3月定例会について)が4月15日に開催されました。

3月定例会についての議会広報NO.25の内容を確認し、19日に最終チェックを行う予定です。

また、今後の議会報告の在りようとして、作用・反作用(アクト・リアクト)、一般質問・結果が市民の皆様に分かるようにしてはどうでしょうかと提案をし、委員の方と意見交換を行いました。

posted by mr.fahrenheit at 08:31 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成21年度3月定例会 閉会

平成21年度3月定例会が閉会しました。

初めての予算議会であり、1月から準備を始め、2月から3月末までの間の休みは2・3日ぐらいで、徹夜・徹夜を繰り返してましたので(事務所にインターネット環境がないため、夜に自宅で調べ物をしなければいけないため)、精神的にも肉体的にも本当に疲れましたが、慎重な審議が出来たのではないかと思います。

まず初めに、3月議会に先立ち準備していた資料のファイルをアップします。
 平成22年度3月定例会本会議質問事項(ブログ用).doc

次に、色々な諸事情を勘案し上記の資料の中から取捨選択しし、本会議や委員会で実際に質問を行った資料をアップします。
 平成21年度3月定例会予算・常任委員会付託・審査意見.doc

最後に、平成21年度3月定例会の議会報告用に作成した資料をアップします。
 平成22年度3月定例会本会議質問事項(ブログ用).doc

以上、ご報告を終わります。

市民の皆様の貴重なご意見をお待ちしております!!

posted by mr.fahrenheit at 08:07 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

和田山中学校 卒業式

今日の一般質問は、あまり良い議論が出来ませんでした。通告した質問内容も一つ出来ませんでしたので、次回にやりたいと思いますが、当局の方には折角準備をして頂いていたのに申し訳ない事をしました。
次回は通告内容を時間内に出来るよう、そしてもっと良い議論が出来るようにして行きたいと思います。

明日は、午前中和田山中学校の卒業式です。

卒業生の皆様のこれからの人生を祝福してきたいと思います。

午後からは一般質問と補正予算の審議があります。

ではでは。

posted by mr.fahrenheit at 19:49 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

明日 私の一般質問 9:00〜

明日、3月9日(火) 9:00〜 私、吉田俊平の一般質問を行いますので、お時間の許す方は、ご覧になってやって下さいm(_ _)m。

下記が明日一般質問を行う内容です、ご参考までに。

 平成22年度3月議会一般質問.doc

posted by mr.fahrenheit at 22:20 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

一般質問

私の一般質問の順番が決まりました。

5番目です。

時間 : 3月9日(火) 9:00〜9:50

よかったら見て下さいm(_ _)m。

 関連サイト ・・・・ 第3回朝来市議会定例会 一般質問通告一覧

posted by mr.fahrenheit at 23:49 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

議員報酬:一部に成果給導入へ 熊本・五木村議会

このサイトにアクセス出来ない状態が続いておりました。ご迷惑をお掛けしました。

そろそろSEESAAから引越しをしないといけないかなぁと思いました。SEESAAは一つのIDで複数のブログを作成できるメリットがありますが、サイトのアクセス速度の遅い事。ブログをお考えの方は、SEESAA以外のアメーバ等をお薦めします。

では、改めて記事を再開したいのですが、議員報酬に関して、面白い記事がありましたのでご紹介致します。

 関連サイト ・・・・ 議員報酬:一部に成果給導入へ 熊本・五木村議会/毎日jp

五木村議会は議員報酬の一部に成果給を導入する予定だそうです。

議員報酬の成果給制度は話題性があり面白いのですが、
選挙で住民に選ばれた代表者の評価をするのは、
あくまで住民であり、どのようにその分を担保するのか、
一部の評価委員が議員に対する住民全体の評価を出せるのか非常に難しいのではないかと私は思います。
また、議員や市長は、住民の声を聞き、伝える代弁者ではありますが、正しい方向性を示す責任もあります。
評価委員の評価を気にするあまり、一部に阿る一般質問や議員活動がないように監視し、予防する方策も必要になります。

posted by mr.fahrenheit at 20:44 | 兵庫 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

3月定例会 議案説明会

本日、議案説明会が行われました。

私ももう少し議案を読み込まないと皆様にご説明できませんので、
後日ご説明をさせて頂けたらと思います。

行政当局の説明の後に、議員全員協議会が行われ、
議会運営協議会で審議された、
「議会報告会」と「一般会議」の要綱案が私たちに示されました。

内容はまだ決まっておりませんのでご披露できませんが、一般的な事としてご説明致しますと、
「議会報告会」とは、各定例会後に市民の皆様に議会のご報告をさせて頂くというものです。
「一般会議」とは、議会や市民の要望された案件に関して、市民の皆様と意見交換を行うというものです。

 関連サイト ・・・・ 朝来市議会基本条例遂条解説

「議会報告会」や「一般会議」等が行われれば、市民の皆様と直接意見交換が出来ますので、ホントに待ち遠しいです。

また、委員会のTV中継を遅くとも3月議会からは行いたいとの方向性が示されました。

市民の皆様には、議員は議会で何をやっているか分からない、議会はシナリオ通りにやっている、という風に感じておられる方の声を良く聞きますが、
それは日本の議会が、委員会中心主義に基づいて行われているからです。
多くの活発な審議は委員会中心主義に基づいて、委員会の中で行われております。
その委員会での審議が現在ケーブルテレビで放映されていませんから、議会が市民の皆様から遠いものになっている一つの要因ではないかと思います。
だから私は、委員会審議のケーブルテレビの放映は大賛成です。

これからもっともっと朝来市の議会は良くなって行きます。期待してて下さい。

 関連サイト ・・・・ 議会委員会制/コトバンク

タグ:議案説明会
posted by mr.fahrenheit at 21:46 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

議会広報特別委員会

本日、議会広報特別委員会が開催されました。

13日も再際されたのですが、来月2月5日発行の議会広報の最終ゲラ確認と12月定例会のダイジェスト版のケーブルテレビで放送する映像の確認を行いました。

その他の質疑で私は、各議員の一般質問に対する行政当局の対応を広報に記載が出来ないか提案を行いました。

私の提案の理由は、
  1. 議会広報の一般質問が単に質問をした内容(結果)だけを取り上げているので、議会広報の読者により分かり易く、より興味を持って貰えるようにしたい。
  2. 行政当局から一般質問後の対応状況を書いた「一般質問取りまとめ表」が配られており(最近)、その対象者は単に議会や議員に対してのみならず、市民に対しても行われるべきである。
私の提案は、議会広報特別委員会の今後の検討課題となりました。
どのような形であれ、何とか導入されるよう努力をして参りたいと思います。

※議会広報特別委員会で後押しの賛成討論をして下さった議員の皆様には、この場を借りまして、篤く御礼申し上げます。

posted by mr.fahrenheit at 23:46 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

柿坪工業用地取得に対する私の反対討論

読者の方から反対理由が知りたいとのご要望がありましたので記載致します。

柿坪工業用地取得及び整備の問題点について 

売却の不確実性 
危険負担 
永続性の検証 

1.売却の不確実性について 
企業は経営難や資金難に陥った場合、原点に立ち戻り、事業の縮小や事業自体の見直しを行います。本朝来市の場合、人口の減少や税収の減収、基金運用問題を抱え、財政的に安心できる状況にはありません。財政に不安を抱える中で、新規事業を行うには、絶対に採算性や確かな将来性が必要であります。この柿坪工業用地取得及び整備に関しましては、売却の不確実性が存在しており、今後売却出来るか分からない土地の取得に3億1千万円もの市民の税金を使うことに対して、私は市民の理解が得られないと判断します。 

2.危険負担について    
不動産取引は民間と民間での取引であるべきであり、今回の財産取得取引は、本来民間が負担すべき危険を朝来市が負担するものであり、その結果は先ほど説明を行いました売却の不確実性が存在するものであります。 

3.永続性の検証について    
工業用地の取得及び整備のメリットは、法人市民税の増収と雇用の創出であります。市民の税金を預かる私たち議会や行政当局は、どうしても費用対効果を考える必要があります。工業用地取得及び整備にどれ程のお金が掛かり、どれ程の法人市民税の増収が見込まれ、どれ程の雇用の創出が見込まれるのかといった検証をすべきであります。また、重要なことに誘致企業の永続性も考えなければいけません。「誘致はしたが撤退をしてしまった」では困るのです。その検証には誘致企業の経営状況の把握から当該企業の将来性、当該産業の将来性をつぶさに検証し、誘致企業の永続性が確認されて初めて認めるべきであります。柿坪工業用地取得及び整備に関して、誘致企業が提出している事業計画書の行政当局の内容把握が不十分であり、総事業費4億5200万円もの大きな事業を行うには議会での検証の時間が短すぎ、誘致企業の永続性が確認できませんので私は本議案、第105号「財産の取得について」は反対を致します。

前の記事にも書きましたが、今後はどの様にすれば朝来市により良い結果を生むかに取り組んで参ります。

posted by mr.fahrenheit at 00:34 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。